京都市内 遺品整理

作業前ミーティング
“遺品整理

この日はまだ肌寒さが残る中での作業でした。

作業前のミーティングで、ご依頼内容や、
注意点等をスタッフ間で再確認します。

作業前の様子

物置に収納されたまま、手付かずのうちに年月が過ぎた品々。

天井裏や物置など、場所によっては危険を伴う作業もあります。

スタッフ間で安全確認をしながら作業をすすめます。

“遺品整理 “遺品整理

“遺品整理 “遺品整理

 

時計、人形、置物、お土産など、ご依頼主様のご希望に沿って、
故人の形見として保存するもの、リサイクルに出すもの、処分するものを分けて行きます。

“遺品整理 “遺品整理

“遺品整理 “遺品整理

 

戸棚や押し入れの中のものも、一旦外に出して、仕分けていきます。

 

“遺品整理 “遺品整理 “遺品整理 “遺品整理

 

作業スペースを確保しながら、戸棚や押し入れの物を整理するため、
どの順番で作業をすすめるか、という作業工程が重要になります。

効率よく、出来るだけスムーズに作業が進められるだけでなく、
ご依頼主様に確認いただく時間をまとめることができ、
もちろん、スタッフの怪我の防止にもつながります。

“遺品整理 “遺品整理

“遺品整理 “遺品整理

“遺品整理 “遺品整理

 

作業後の様子

ご依頼主様のご要望に沿って家具や調度品は残し、
作業が完了しました。

歴史のあるお住まいだと、価値の高い家具が使われている場合も多いです。

残すべき家具と、そうでない家具、などのご相談も承ります。

O様、ご依頼ありがとうございました。

“遺品整理 “遺品整理

“遺品整理 “遺品整理

“遺品整理 “遺品整理

“遺品整理 “遺品整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です